糖尿病対策センター
English(研究者向け英語ページ)
TOP  »  センター紹介

糖尿病対策センターについて
徳島大学医学部・歯学部附属病院
糖尿病対策センター センター長
船木 真理
糖尿病は現在、日本のみならず、世界中で急増しつつあり、医療・保健の大きな課題となっています。とりわけ徳島県では、各都道府県間の糖尿病による死亡率の比較で、全国一位の状態が続いております。この糖尿病に関する徳島県の特異な状況の原因究明と解決を徳島県より受託され、当センターは平成19年10月に徳島大学医学部・歯学部附属病院内に設置されました。徳島地域の産学官連携事業に参加し、研究成果をいち早く医療の現場に還元すると同時に、研究成果の事業化により新産業を創出することを目指しています。そのために疫学研究を行い、徳島県における糖尿病の実態を明らかにする所存です。またその成果と細胞生物学、細胞工学などの手法を組み合わせた新たな視点に基づき、糖尿病の臨床現場での応用を目指す基礎研究・トランスレーショナル研究を行っています。
徳島大学内、国内、海外に存在する共同研究のネットワークを活用し、当センターに課せられた重大な使命を全うして行く所存です。どうぞよろしくお願いいたします。